にゅう│長野県│気分に合わせてとっておきの北八ヶ岳周遊

にゅう 浅間山から上越国境方面までの眺望は抜群 北信越

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル> 体力度│★★  技術度│★★

にゅうへのアクセス

◆往復:茅野駅(諏訪バス 約50分 1150円)→渋ノ湯バス停

予算目安:約2200円

にゅうのおすすめ登山コース

◆1日目:渋ノ湯(約2時間30分)→黒百合ヒュッテ

◆2日目:黒百合ヒュッテ(約50分)→中山展望台(約50分)→高見石小屋(約50分)→白駒荘(白駒池一周30分)(約1時間40分)→にゅう(約1時間)→黒百合ヒュッテ(約1時間50分)→渋ノ湯

にゅうマップ

多彩なルートには通年営業の山小屋が点在、体力、プランに応じてさまざまコース設定をしやすいエリア。晩秋から初冬まで楽しめる。

渋ノ湯から樹林帯を歩き、1日目の宿泊地である黒百合ヒュッテへ。翌日は体力、状況、天気によってコースを設定。

展望を楽しむなら中山展望台、にゅう。にゅうは北八穴場の展望地。浅間山から上越国境方面までの眺望は抜群。晩秋の池と森歩きを堪能したいのなら白駒池へ。今日はただただ、ぼぉっと過ごしたいなら天狗ノ裏庭へ。小屋スタッフに聞けば、的確なアドバイスをしてくれるだろう。

山旅の〆は、山間のいで湯で。茅野駅周辺での食べ歩きも楽しいだろう。

バス便は少ないので、人数がそろえばタクシー利用も便利。麦草峠への道路は冬期閉鎖期間あり。黒百合ヒュッテ、高見石小屋、青苔荘は通年営業。

にゅう 北八の魅力のひとつが森歩き。深く息を吸って森の息吹を感じてみよう
北八ツの魅力のひとつが森歩き。深く息を吸って森の息吹を感じてみよう

登山のついでにちょっと寄り道

にゅう 自然景観「白駒池」

◆自然景観「白駒池」

冬期、白駒池は雪に覆われる。黒百合平から白駒池のルートは雪山入門コースとしてもおすすめ。