三原山(みはらやま)|東京都|東京沖に浮かぶ伊豆大島ジオパーク

三原山(みはらやま) 関東
表の緑の顔と裏の砂礫帯で様相を一変させる

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル> 体力度:★☆☆  技術度:★☆☆

三原山へのアクセス

◆往路:浜松町駅(徒歩約10分)→東京港(竹芝桟橋)(東海汽船高速ジェット船約1時間45分/7320円)→大島入港地・大島入港地バス停(大島バス約25分/860円)→三原山頂口バス停

◆復路:三原山温泉バス停(大島バス約20分/630円)→大島出港地バス停→往路と同様高速ジェット船

東京・大島間は大型客船も運行(所要約5時間半)。入港・出港地発着のバス便は必ず確認のこと。大島発着の港はその日の条件によって元町港か岡田港のいずれか。入出港地・大島温泉ホテル間には無料送迎バスが運行(大型客船は除く。要予約)。

<日帰り予算目安>約2万円

三原山のおすすめ登山コース

コースタイム:約2時間25分

往路:三原山頂口(約45分)→三原神社(約40分)→大島温泉ホテルコース分岐点

復路:大島温泉ホテルコース分岐点(約1時間)→大島温泉ホテル

三原山のおすすめ登山コースマップ

ジオパークとは、地球と生き物とのかかわりを自然のなかで学べる公園のこと。伊豆大島では、三原山を中心にインストラクターが案内する。アクセス約1時間45分で体感できる「超自然」だ。

バス停を下りると、緑にかこまれた舗装道路から登山が始まる。ジグザグ道を越えると山頂部となり、ここから様相が一変し、砂礫帯となる。大展望の山頂遊歩道をめぐり、三原山温泉へ下山する。イタドリとススキのトレイルから樹林帯に入り、その深い森を抜ければ三原山温泉に至る。

適期は秋~春にかけて。とくに椿咲く2月ごろがおすすめ。火山を深く楽しめるエコツアーに参加したい。

三原山頂口バス停から山頂部までは舗装道路を歩く。植物が繁茂し、後半との対称がおもしろい
三原山頂口バス停から山頂部までは舗装道路を歩く。植物が繁茂し、後半との対称がおもしろい
火口部の随所にはいまだ噴煙が上がる
火口部の随所にはいまだ噴煙が上がる

登山のついでにちょっと寄り道

大島温泉ホテル

◆温泉&グルメ「絶景露天風呂と椿油てんぷら」

下山後は大島温泉ホテルで一泊。椿油の新鮮魚介の天ぷらと三原山を一望できる展望露天風呂で旅をしめくくろう。