浅間山(せんげんやま)|神奈川県|箱根を象徴するススキの山を歩く

浅間山 山頂は唯一上空が開けた平坦地。西側には神山や駒ヶ岳が見られる 関東

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル> 体力度│★  技術度│★

浅間山へのアクセス

◆行き:新宿駅(小田急線特急ロマンスカー 約1時間30分 2020円)→箱根湯本駅

◆帰り:小涌谷駅(箱根登山鉄道 約30分)→ 箱根湯本駅(小田急線 特急ロマンスカー 約1時間30分 2320円 上記含)→新宿駅

予算目安:5000円

浅間山のおすすめ登山コース

コースタイム:約2時間35分

箱根湯本駅(約1時間)→湯坂山(約40分)→城山(約15分)→浅間山(約30分)→千条ノ滝(約10分)→小涌谷駅

浅間山マップ

浅間山と名のつく山は多いが、紹介するのは箱根にある浅間山だ。麓の温泉を満喫しつつ、ススキが揺れる秋の箱根を堪能しよう。

箱根の玄関口、箱根湯本駅から歩き出し登山口へ。登山口からはじめの30分ほどはきつい登りだが、あとは山頂まで傾斜の緩い登りがひたすら続く。登山道の脇にはクマザサがはじめはめだつが、途中からススキにかわり、赤く色づいたカエデの紅葉も見られる。終始展望はないので、登山道脇の自然を愛でながらの歩きを楽しもう。

電車&バスのアクセスは充実しているが、マイカーの場合は箱根湯本の駐車場がすぐに満車になるので、なるべく早めに到着するよう心がけよう。

浅間山  秋は風物詩ともよべるススキが登山道の脇に多く見られる
秋は風物詩ともよべるススキが登山道の脇に多く見られる
浅間山 下山路の幅20mほどある苔むした千条ノ滝
下山路の幅20mほどある苔むした千条ノ滝
浅間山 当日宿泊予約も可能
箱根湯本の駅を降り、改札を出ると当日の宿泊を予約できる窓口がある。観光地ならではの充実したサービス