とんがり山│兵庫県│見た目の通りその名も「とんがり山」

とんがり山 麓の石倉の集落から見上げるとんがり山。古くは風早峰と呼ばれたようだ 関西

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル>体力度│★  技術度│★★★※ルートがわかりにくい

とんがり山へのアクセス

◆往復:JR姫新線太市駅

予算目安:約5000円(大阪起点)

とんがり山のおすすめ登山コース

コースタイム:約3時間50分

太市駅(約40分)→登山口(約40分)→とんがり山(約1時間10分)→峰相山(約40分)→登山口(約40分)→太市駅

とんがり山マップ

姫路市界隈には低いけれど、岩で構成された山がいくつも見られる。とんがり山もそのひとつ。標高は200m半ばだが、南から見る姿はまさにとんがり山。山頂直下の亀岩(神岩)からは、播磨灘が望める。

出発点はJR姫新線太市(おおいち)駅。大津茂川沿いに北上していくと、とんがり山が見えてくる。国道を横切って右折、稲荷神社を過ぎて左折すると登山口に導かれる。

鞍部に出たらあとは稜線伝いに歩くだけ。とんがり山の先では奇岩の大黒岩や、山岳寺院、鶏足寺の寺院跡など見どころもある。峰相山を過ぎてすぐに右折すると観音堂に出る。あとは車道を歩いて、公園の石倉峯相の里を経て登山口に戻る。

鶏足寺跡から峰相山、下山口あたりの案内がわかりにくい。2万5000分ノ1地形図「龍野」「姫路北部」などでルートを確認のこと。

とんがり山 亀岩から播磨灘を見る。男鹿島が浮かぶ
亀岩から播磨灘を見る。男鹿島が浮かぶ
とんがり山 巨岩の亀岩から山頂までは急登が続く
巨岩の亀岩から山頂までは急登が続く

登山のついでにちょっと寄り道

とんがり山 歴史「姫路城」

◆史跡「姫路城」

その美しさは白鷺城の別名にたがわず、観る者を感動させる。