水仙(すいせん)ロード│千葉県│南房総で一足先に春のおとずれを

水仙ロード 地蔵堂を過ぎたあたり。スイセンが斜面を覆う 関東

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル> 体力度│★  技術度│★

水仙ロードへのアクセス

◆行き:千葉駅(JR内房線 約1時間40分 1280円)→安房勝山駅

◆帰り:保田駅(JR内房線 約1時間30分 1280円)→千葉駅

予算目安:約4000円

水仙ロードのおすすめ登山コース

コースタイム:2時間40分

安房勝山駅(約30分)→天寧寺(約1時間20分)→地蔵堂(約10分)→スイセン広場(約40分)→保田駅

水仙ロードマップ

別名を「雪中花(せっちゅうか)」というスイセン。見頃は例年1月中旬から下旬。山は厳冬期というこの時期に、道の両脇に咲く花の香りに包まれながら、のんびりとお散歩ハイキングはいかが。険しい山道歩きは一切ないので、家族連れにもおすすめ。

安房勝山駅から、国道127号へ出て線路を渡り、佐久間川沿いに行く。指導標も随所に出ている。前半は、鎌倉時代創建の古刹や、菜の花咲く畑、牧場など、のどかな山里の景色。地蔵堂のあたりからは、観光客が増える。なお、水仙まつり期間中は、お手洗いも数カ所に設置される。

マイカーの場合、いったん保田駅近くにある水仙ロード駐車場にとめ、鉄道で安房勝山駅へ移動するとよい。

水仙ロード 見返り峠へ向かう。冬枯れの景色に、スイセンが晴れやかだ
見返り峠へ向かう。冬枯れの景色に、スイセンが晴れやかだ
水仙ロード 天寧寺。境内のビャクシンは、県指定天然記念物の巨木
天寧寺。境内のビャクシンは、県指定天然記念物の巨木

登山のついでにちょっと寄り道

水仙ロード まつり「江月水仙まつり」

◆花「江月水仙まつり」

鋸南町のスイセンは、三大水仙群生地にもあげられている。例年、12月中旬~1月末頃の期間中はスイセンや地元の農作物、甘酒などの販売がある。