雲取山(くもとりやま)|東京都|1泊で登る東京都最高峰の山

雲取山 山頂をまえに最後の登り 関東

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル> 体力度│★★★  技術度│★★

雲取山へのアクセス

◆行き:新宿駅(中央線特快約30分+青梅線1時間10分1050円)→奥多摩駅(西東京バス約30分610円)→鴨沢バス停

◆帰り:お祭バス停(西東京バス約40分740円)→奥多摩駅→新宿駅

予算目安:約1万2000円

雲取山のおすすめ登山コース

コースタイム:1日目 約4時間50分、2日目 約5時間30分

◆1日目:鴨沢バス停(約2時間50分)→ブナ坂(約40分)→奥多摩小屋(約1時間)→雲取山(約20分)→雲取山荘泊

◆2日目:雲取山荘(約40分)→三条ダルミ(約2時間)→三条の湯(約2時間50分)→お祭バス停

雲取山マップ

標高2017mの雲取山は奥多摩エリアを代表する山で、東京都最高峰の山としても知られている。アクセスがよく、登山者が数多く訪れる奥多摩エリアのなかでも、雲取山は山小屋が営業している1泊2日のロングコースを楽しめる。体力を要するため、体調を整え万全の体制でのぞみたい。

鴨沢から登り三条(さんじょう)の湯で汗を流すコースは歩きごたえもありステップアップに最適だ。

いくつか急な登りはでてくるが、比較的なだらかな斜面が続く。登山道はよく整備され、とても歩きやすい。

雲取山 稜線に出ると視界が広がり、気持ちがよい
稜線に出ると視界が広がり、気持ちがよい
雲取山 三条ダルミで一服。視界がよければ富士山も遠望できる
三条ダルミで一服。視界がよければ富士山も遠望できる

登山のついでにちょっと寄り道

雲取山 山梨県側に位置する山小屋、三条の湯

◆立ち寄り湯「三条の湯」

山梨県側に位置する山小屋、三条の湯では天然温泉が楽しめ、登山でかいた汗を流せる。入浴料大人600円