二条岳(にじょうだけ)|福岡県|春は菜の花!川に滝に山頂からは玄界灘を一望

二条岳 山頂 記念木札 九州

「暖かくなったから春っぽい登山がしたい!」ということで計画が始まった今回の二丈岳登山。二丈岳(標高711m)は福岡県糸島市二丈にあります。スタート地点となる加茂ゆらりんこ橋近くの菜の花畑は3月が見頃という情報を得て、お花見もかねて登ることになりました。

二条岳(加茂ゆらりんこ橋)へのアクセス

・車の場合

福岡市内から202号線(海岸線)を唐津方面に走り、深江駅を過ぎたところで、「加茂ゆらりんこ橋」の看板が左側に出てくるので、左折して直進すると駐車場に到着(約1時間)

・電車の場合

博多駅 (地下鉄空港線で約20分)→姪浜駅(JR筑肥線で約40分)→大入駅(徒歩約40分)→加茂ゆらりんこ橋

二条岳のおすすめ登山コース

コースタイム:約4時間

加茂ゆらりんこ橋(60分)→加茂神社(20分)→真名子木の香ランド・二丈岳登山口(10分)→分岐の広場(30分)→二丈岳山頂(40分)→分岐の広場(30分)→真名子木の香ランド・二丈岳登山口(20分)→加茂神社(60分)→加茂ゆらりんこ橋

>>登山マップ「糸島の山歩き」

今回は車2台で乗り合わせ、加茂ゆらりんこ橋駐車場に停めて登ることになりました。40台ほど停められる無料駐車場になっており、公衆トイレも設置されています。真名子木の香ランドというキャンプ場までも車で行くことができます。

また、駐車場には『山ナビBOX』という小さな箱があり、二丈岳の登山マップが無料配布されています。訪れた登山客が自由に書けるノートも置いてありました。

二条岳 加茂ゆらりんこ橋の山ナビBOX

2月下旬~3月下旬まで、ゆらりんこ橋近くの菜の花畑が見頃ということで、橋を渡る前にみんなで観賞することに。視界いっぱいに広がる黄色い菜の花に女性メンバーたちはテンションマックス!菜の花畑の真ん中でモデルのようにポージングして写真を撮り合いました。

この時期は登山客以外にも観光で訪れる人も多いようで、お昼過ぎには駐車場は満車になることも。

二条岳 加茂ゆらりんこ橋の菜の花畑
一面の菜の花畑

加茂ゆらりんこ橋は二丈渓谷の入り口にかかる全長100mの吊り橋で、名前から想像するとかなり揺れそうな感じがしますが、実際はわずかに揺れる程度でした。高さは20m程あるので、高いところが苦手な人には少々怖いかも。

二条岳 加茂ゆらりんこ橋

橋を渡りきると「二丈渓谷遊歩道」の看板が見えてきます

二条岳 登山口 二条渓谷遊歩道

看板から2㎞ほどが遊歩道となっており、子供連れの方でもプチハイキングを楽しむことができます。この日も小さな子供や小型犬を連れた登山客とよくすれ違いました。

二条岳 二条渓谷遊歩道

沢沿いの涼しげな道を歩きます。夏場は水遊びもできそうです。遊歩道と聞いて歩きやすい道を想像していたのですが、木の根っこに覆われた道が続きますので、お気をつけて。

二条岳 登山道

可愛いゾウの案内標識に癒されます。 登山道の途中には小さな滝がいくつも流れていました。綺麗な水の流れについつい休憩も多くなってしまいます。

二条岳 標識

遊歩道を50分程歩くと、3段に連なる大きな滝が見えてきます。これまで見た中で一番大きな滝で、近くの看板には「明神の滝」と書かれていました。

二条岳 明神の滝

ベンチが設置されているので、滝を眺めながらここでものんびり小休憩。上から覗くとさらに圧巻。

二条岳 明神の滝

明神の滝から10分程で加茂神社に到着します。無事に登頂できるようみんなでお祈りし、何度目かのブレイクタイム。

二条岳 加茂神社

しばらくは平らな林道が続き、20分程歩くと真名子木の香ランドと二丈岳登山口の看板が出てきます。

二条岳 登山道
二条岳

ここからようやく二丈岳の登山口に入ります。杉の木に囲まれた林道でしたが、比較的なだらかで初心者でも安心して登れました。

二条岳

10分程歩くと分岐の広場に到着。ここからは少し急登。遊歩道では賑やかだったメンバーたちもさすがに口数が少なくなり登りに集中します。

二条岳

分岐の広場から30分ほどで、頂上に到着! 頂上からは糸島半島や玄界灘が一望に見渡せます。この日は天気にも恵まれ、澄み渡った空と海のコントラストに先程までの疲れも吹っ飛びます。

二条岳 山頂
二条岳からの眺望

山頂では登頂記念木札が無料配布されており、記念に1枚いただきました。「I♡ITOSHIMA」と書かれた文字に地域の方々の糸島愛を感じます。

二条岳 山頂 記念木札

山頂には巨石がごろごろと転がっていて、岩の間の草むらにレジャーシートを広げてお昼ごはんを食べることに。ただ、3月の山頂はまだまだ肌寒いので、フリースなどもう1枚羽織るものがあると安心です。

今回私達は駐車場を10時にスタートし、多めに休憩を入れて12時過ぎに山頂に到着しました。お昼ごはんを食べてから13時半頃に下山開始、帰りは休憩を少なめにしたので15時頃には駐車場に着きました。

登山のついでにちょっと寄り道

◆まむしの湯

糸島市二丈にある「まむしの湯」は、内風呂、露天風呂、サウナが併設されており、休憩所のお座敷では食事もできます。1200年前にまむしに咬まれ苦しんでいる人を癒すために、空海の霊力によって湧き出た冷泉という言い伝えも…。内風呂も露天風呂も広いのでゆったりと疲れを癒すことができます。加茂ゆらりんこ橋からここまで公共交通機関の利用は難しいので、車の利用がおすすめ。車の場合約10分。

>>まむしの湯ホームページ

◆福ふくの里

糸島市二丈福井にある直売所「福ふくの里」では、糸島で採れた新鮮なお野菜や魚が販売され、お手頃価格で購入できます。また、2月下旬~3月下旬頃は、直売所の目の前に咲く約5万本の菜の花畑を目当てに訪れる方も。すぐ横にJR筑肥線が走っているので、電車と菜の花の素敵なコントラスト写真を収めることができます。車の場合、加茂ゆらりんこ橋から約10分。

>>福ふくの里ホームページ

まとめ

二丈岳付近にある菜の花畑の見頃は例年2月上旬~3月下旬頃とされています。冬の間は登山をお休みしていた方も(私もそのひとりです)、まずはお花見気分で訪れて足慣らししてみるのはどうでしょうか。色鮮やかな春の花を観賞して、登山気分を盛り上げていきましょう!

この記事を書いたひと
kotoha

アウトドア系女子に憧れる30代OL。2018年から登山を始め、普段は会社員として働きつつ、休日に友人や登山サークルのメンバーと日帰り低山メインで登っています。海が見える、イチョウ並木が綺麗など、山ごとに楽しみを見つけては、日々の疲れをリフレッシュ。最近は山ごはんレシピを勉強中です。

kotohaをフォローする
九州
kotohaをフォローする
山歩みち