映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』スイルベンは縄文杉である

ちょっと休憩

ただの映画好きの山歩みち編集部員が、映画に関する深い知識はありませんが、小市民の浅い視点で、山やアウトドアに関する映画を紹介していきます。

『イーディ、83歳 はじめての山登り』あらすじ

30年間、夫の介護に人生を捧げてきた83歳のイーディ。そんな苦労も娘からは理解されず、老人施設への入居を勧められ、人生の終わりを感じていた。

そんな時、町のフィッシュアンドチップス屋で「追加の注文をしても良い?」と聞いたイーディに、「何も遅すぎることはないさ」と答えた店員。その言葉に閃いたイーディは、かつての夢だったスイルベン山に登ることを突如決意し、たった一人でロンドンから夜行列車に乗りスコットランドへ。

偶然出会った地元の登山用品店の青年ジョニーをトレーナーとして雇い、山頂へ登る訓練を始める。イーディの偏屈な態度が災いし、最初は喧嘩を繰り返しながらも、ジョニーの丁寧な指導により、登山グッズの使い方やルートの確認と共に、人に頼ることの大切さも学んでいく。そして準備を整えたイーディは、ついにスイルベン山へ向かうー。

映画 『イーディ、83歳 はじめての山登り』公式サイトより

83歳が背負っているもの

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

タイトルからイメージしていたのは「83歳のおばあちゃんが何かのきっかけで山登りを始めることになり、その過程を明るくユーモラスに描いたほのぼの映画」でした。

しかしどうも違う。冒頭からなんだか暗い。

83歳のイーディが背負っているもの、抱えている問題が想像よりも重くて深いものだったのです。30年に渡る夫の介護生活で何もできなかったこれまでの人生、そして一人暮らしになった今、娘は施設に入るよう勧めてくる。

施設で集まった老人達がみんなで花瓶に華やかなお花を活けている中、イーディはそれに混ざらず花をハサミでバチンと切り落とす。えっと思いつつも、なんだかわかる、、。行き場のない鬱屈した気持ちと、ロンドンのどんよりとした天気で、さらに重苦しい雰囲気。

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

レストランで言われた何気ない言葉をきっかけに、イーディはスイルベンという山を目指すのですが、ここからも魔法が解けたようにガラッと雰囲気が変わるということはなく、ちょっと明るくユーモラスなシーンがあったと思えば、やっぱり切なくなったり失望したり。あれ、これはイメージしていた「明るくユーモラスに描いたほのぼの映画」ではないぞ、ちょっとマジメに観ないといけないぞと姿勢を正します。

登山での「頑固」は危ない

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

イーディは可哀想なヒロインではありません。道中で知り合ったジョニーをガイドとして雇い、1週間ほど訓練して登頂を目指すことになりますが、イーディの言動もまあ腹が立つこと。大丈夫、できる、放っておいてと、言うことを聞かないし、頑固だし、勝手だし。もちろんジョニーとも衝突します。

イーディを頑固だと思いながらも、いや自分もそうなっているのではないか、既に自分もイーディのような態度をとっているのではないか、そんな気になる人も少なくないはず。

本人は大丈夫なつもりでも、他人から「自分に厳しい人」ではなく「頑固な人」に見えてしまう時は、自分を過信している状態なのかもしれません。自己評価と他己評価にズレが生じていて、もしこれが登山だと事故につながる要因になるのでは。

で、イーディは遭難しかけるんですけども。

スイルベンは一体どこにあるのか

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

それにしてもイーディが登ったスイルベンからの景色は本当に絶景でした。遠くから見る形もかなり印象的。わかるのはスコットランドということだけなので、帰ってから具体的な場所を調べてみましたが、検索してもこの映画の情報以外に、あまり詳しいことが出てきません。

何故か検索結果には英国最高峰であるというベン・ネビス山が出てくる。もしかしてベン・ネビスで撮影をしただけで、スイルベンという山は架空の存在かとも思いましたが、ベン・ネビスの写真は映画で観た山とはどうも違います。

納得がいかずGoogle先生のもとで調べまくった結果、ありました!日本語でほとんど情報がなく英語で発見。標高731mのスイルベンはここ!

h

遠い。。。遠いスコットランドの、首都エディンバラからもさらに遠い。こちらのふたつのサイトで雰囲気はよくわかります。地図を見るとアプローチが長く、最後にかなり急な斜面を一気に登ることになります。確かにイーディしんどそうだった。

Suilven
Suilven may be only 731 metres high, but its remarkable outline make it one of Scotland's best known and most easily identified mountains. Its position in the h...
Suilven: Climbing the lonely mountain
Above turquoise waters and white sandy beaches rise the otherworldly rock formations of Assynt in the Scottish Highlands. Climb the
©2017 Cape Wrath Films Ltd.

ここまで調べたついでに、イーディの行程をたどってみることにしました。誰が行くんだと思いながらも、まず、日本からスタートしますね。

1)日本→ロンドン 飛行機で約12時間(直行便)

直行便でこれなので、乗継だともっとかかります。ちなみに日本とロンドンの時差は約9時間で、日本の9時間遅れがロンドンの時刻となります。

2)ロンドン→インヴァネス 寝台特急で約11時間(21時頃→翌朝8時)

イーディが夜行列車に乗っていたので、ロンドン発スコットランド行きの鉄道を調べると、カレドニアン・スリーパーという寝台特急があるよう。その寝台特急の停車駅でスイルベンに最も近い町となるとインヴァネスと思われます。ちなみに日本で東京〜鳥取県の出雲を走る、寝台特急サンライズ出雲とほぼ同じ所要時間でしたので、東京から鳥取の大山を目指す感じ?

3)インヴァネス→ロッキンヴァー バスで約3時間半

イーディは駅からバスに乗ろうとしたら本数が全然なく、ジョニーの車に乗せて行ってもらうことになります。調べたところスイルベンの最寄りの町はロッキンヴァーで鉄道は走っておらず、確かにインヴァネスからはバスかレンタカーしかありません。

というわけで、日本からロッキンヴァーに行くだけで、乗り継ぎなども含めてざっくり3日間は必要のようです。ついでに宿も調べてみましたが、ロッキンヴァ―にはかわいらしいロッジやゲストハウスが結構ありました。

※日本語で「ロッキンヴァ― 宿」で検索すると、まさかの有名な夏フェス、ロッキンジャパン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL)周辺ホテルが出てきてしまうので、英語(Lochinver)で検索。

ロッキンヴァーからスイルベンの登山口は比較的近く、登山口から山頂の往復は約20kmで約7〜9時間。ロッキンヴァーから歩くなら約10時間くらいのようです。これは初心者で日帰りにはかなり厳しい距離。イーディはテント1泊の行程でしたので、ジョニーは堅実なプランニングをしていたということになります。

これでもう、私もいつでも行けます。

閉ざされた30年からの解放

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

スイルベンの周辺には同じようなぽっこりそびえたつ岩山や湖があり、ジョニーとのキャンプ訓練も、美味しそうで気持ち良さそう。 チャーリーシーン似で面倒見の良いジョニーですが、彼は彼で田舎町特有の息苦しさやモヤモヤを抱えています。B面でジョニーの背景もちょっと胸が苦しい感じです。

喧嘩をした後に自転車でかっとばしながら仲直りするシーンもあるのですが、ものすごいスピードで、登山より断然危険。イーディすごすぎる。昔はおてんばだったという片鱗を見せつけてくれました。

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

遭難しかけながらも、登頂を前に、ここまでの時間が楽しかったとイーディは言います。ほとんど笑顔も見せず厳しい表情で歩いていた姿からは想像もできませんが、鎖につながれていたような生活から解き放たれて、全て自分の意思で動いている嬉しさ。この先もそうやって歩いて行ける喜び。楽しかった、の重みが違いました。

これは皆が憧れる縄文杉と同じだ

©2017 Cape Wrath Films Ltd.

そういえば、屋久島の縄文杉トレッキングは往復約22km、約10時間が目安。平坦なトロッコ道が長いので日帰りがメインですがそれでもクタクタになるので、縄文杉の近くで1泊するツアーもあります。そういえば、大阪〜鹿児島間は夜行フェリーがあり、さらに別の港へ移動して、鹿児島~屋久島間は高速船かフェリーに乗り継ぎます。

全く登山をしたことのない83歳が、憧れの縄文杉を見たくてひとりで関西から夜行フェリーで鹿児島へ行き、そこからさらに屋久島へ渡り、地元の青年の案内で縄文杉を目指す。ありそうです、まさに同じなのかもしれません。家族が聞いたら絶対に止めますね。

弊社は旅行会社でもあり、屋久島トレッキングのガイドツアーもありますが、参加者の最高齢は88歳!無事に行けて感激して帰られた、あの男性もイーディでした。70歳以上の方々、たくさんいらっしゃいます。映画の物語ではなく、誰だってイーディになれる。特に登山はある程度の年齢になってから始める方も多いので、実はイーディはいっぱいいる。そんな中にいるので、いい年だから、、なんて口が割けてもいつまでも一生言えない。

そしていつかどなたかこの映画を観て、この記事を読んで、スイルベンに登ったという方がいたら、ぜひお知らせください。

ありがとうございました。

監督・脚本:サイモン・ハンター|出演:シーラ・ハンコック(「縞模様のパジャマの少年」「愛をつづる詩(うた)」)、ケヴィン・ガスリー(「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」「ウイスキーと2
人の花嫁」)、ポール・ブラニガン(「天使の分け前」)、エイミー・マンソン(「T2 トレインスポッティング」)、ウェンディ・モーガン(「クリスタル殺人事件」)

2017 年|イギリス|英語|102 分|シネスコサイズ|原題:Edie|後援:(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会、ブリティッシュ・カウンシル|配給:アット エンタテインメント

『イーディ、83歳 はじめての山登り』公式サイト