中山仙境(なかやませんきょう)│大分県│岩稜を攀じり絶景広がる山頂へ

中山仙境 キラキラと輝く紅葉と岩峰が美しい中山仙境 九州

『山歩みち』では★の数で山のレベルをおおむね以下の基準で設定しています。
体力度│★:山登りをやってみたいと思うころ。登山回数0~1回のひと
    ★★:山登りにまた行ってみたいと思うころ。登山回数1~2回のひと
    ★★★:山登りを続けたいと思うころ。登山回数3回以上のひと
技術度│★:山歩きよりも森歩き、丘歩きに近い
    ★★:お手軽ハイキング気分で楽しめる山登り
    ★★★:ちょっとした冒険気分を楽しめる山登り

<登山レベル> 体力度│★   技術度│★★ 

中山仙境へのアクセス

◆往復:博多駅(JR日豊本線約1時間30分4550円)→宇佐駅(大交北部バス約45分950円)→新竹田橋バス停タクシー約15分約2000円)→中山仙境登山口

予算目安:約1万5000円(博多駅起点)

中山仙境のおすすめ登山コース

コースタイム:約2時間

中山仙境登山口(約15分)→中山仙境入口(約30分)→坊中分岐(約35分)→中山仙境(夷耶馬・高城約35分)→中山仙境下山口(約10分)→中山仙境登山口

中山仙境マップ

国東半島の中央部に位置する中山仙境は、岩稜歩き、展望、紅葉と見所の多い人気の山だ。鎖場、やせ尾根が続くものの歩く距離は短く、思うほど危険な場所もない。

夷耶馬(えびすやば)の駐車場を起点に県道を西に進み、入口案内板から尾根を登る。樹林帯を抜ければ、視界は開け周防灘が遠望できる。岩稜帯の北斜面は切り立っているが、よく歩かれていてそうむずかしくはない。山頂手前の無明橋がこのルートの目玉だろう。

下山は、隠洞を経て駐車場へ。ナイフリッジが続くが、しばらく北進すれば植林帯となり、下山口に至る。

国東エリアへはマイカーやレンタカーの利用が理想的。時間があれば、田原山も登りたい。紅葉適期は10月下旬〜11月上旬。

中山仙境 無明橋。現在は通行禁止のため、迂回路へ
無明橋。現在は通行禁止のため、迂回路へ
中山仙境 夷耶馬の標識と古い石碑の立つ山頂(高城)
夷耶馬の標識と古い石碑の立つ山頂(高城)

登山のついでにちょっと寄り道

中山仙境 温泉「夷谷温泉」

◆温泉「夷谷温泉」

2014年12月に改修された夷谷温泉